車査定

車査定の価値を下げないためには

 

車査定の価値を下げないためには

車査定で価格を下げないようにするためには、中古車の価値や相場の決まり方も大切です。そこでここでは最初に車を売却する場であるオートオークションの仕組について、簡単に御説明しておきたいと思います。業者同士のオートオークションのデータは、車販売や買取の業者も必ず確認しており、市場相場の基準となるのです。中古車市場ではオークションより高く売ることはなく、逆に高く買い取ることもありません。最低限でも、オークションでさばける範囲の査定額が上限価格になることになっています。

 

ではそうした市場では、どのようなことを基準に査定がされるのでしょうか。査定で価値を下げないためには、是非とも知っておきたいところです。まず査定では主に外装や内装から点がつき、次に年式や走行距離・オプション装備に応じた評価がされると言われています。もちろん売却する時期や車種等も大切なのですが、それは一時期の選択によってのみ決定してしまうものです。一方内装や外装は、乗っている間の整備状況や乗り方次第で大きく変わっていくものなので、長期間の目配りが必要となるのです。

 

具体的には、外装ではキズや凹み・塗装の日焼けや色あせは大きな減点対象となります。車をぶつける等のトラブルを起こさないことが肝心です。ワックスやポリマー等の小まめな手入れも欠かせません。内装ではシートの汚れ・ハンドルやフロアマットのスレ等の細かいキズが減点の対象になりますし、喫煙やペットの同乗がNGだという買い手が多いので、極力避けておきたいところです。もし喫煙やペットの同乗が習慣であった場合は、痕跡を残さないだけの徹底した掃除を行いましょう。しかし後で売却することを前提にして使用するのならば、習慣化しないに越したことはありません。

 

またファミリーカー等を査定に出す場合は、子供を乗せて外出していたことが多いと思われますから、食べこぼしや飲み物をこぼしたシミ等も、キレイにしておくようにしましょう。これも普段からの習慣づけが大切です。そして装備になりますと、最初から設定する必要のある、本革シートやサンルーフ、カーナビがあるかどうかが評価の分かれ目になります。ただ高年式の車になりますと、カーナビは価格にさほど影響を与えないと言われています。しかし一般的には、カーナビやオーディオもないと評価が落ちてしまうということは有り得ます。

 

外装や内装以外で、評価の基準になりそうなものとしては、整備をしたときの整備手帳の記録簿がきちんと残っているかどうかも重要です。出来ればディーラーや陸運局認可の工場で、車検・法定点検・消耗品の交換等を行っていると有利です。基本的には車を大切に乗ること、オートオークションの評価点基準を、意識して乗ることが大切です。また二輪車と事業用軽自動車以外では、希望のナンバープレートをつけることが出来ますので、マイナスの印象を与えるナンバーを選ばないことも大切です。もしキズがついてしまっている場合でも、無理に直そうとすると、返って状態を酷くしてしまうこともありますから行わないようにしましょう。査定の前は、外装と内装の必要最小限の掃除をしておくことが基本です。