車を売るときに必要な書類

車を売るときに必要な書類とは

 

車を売るときに必要な書類とは

車を売却する際には、幾つかの書類を揃えなければなりませんが、普通車と軽自動車では若干の違いがありますし、売り手が用意するものと、店舗で用意するものとがあるので注意が必要です。また特別な条件が加わると変わってきます。書類がきちんと揃っていないと、売却を順調に進めることが出来ませんから、間違いのないようにしましょう。

 

では最初は、普通車の売却の際に必要な書類についてです。ここで売り手側が用意するのはまず自動車検査証、車検証です。これで現住所と氏名の確認を行います。次に印鑑登録証明書です。発行後1ヵ月以内のものを2通用意します。そして自賠責保険証明書・自動車納税証明書となりますが、自動車納税証明書については、有効期限を確認するようにしましょう。その他、実印・振込口座を書いたメモ・預託済みの場合は、リサイクル券も必要になります。

 

また車検証と印鑑登録証明書の住所が違うときは、住所変更が1度だけならば住民票、複数回しているときは戸籍の附票又は住民票の除票、結婚等で姓が変わっているときには、戸籍謄本の準備も必要になりますので、よく覚えておいてください。そして業者側では、譲渡証明書と委任状を用意することになっています。

 

次は軽自動車を売却する場合に必要な書類についてです。普通車と同じ書類が必要な場合もありますが、微妙な違いもあるので、それらも含めてお話していきます。具体的には車検証・自賠責保険証明書・軽自動車納税証明書・認印の印鑑・振込口座を書いたメモ・預託済みの場合はリサイクル券となっています。業者側では、自動車検査証記入証明書を用意します。また共通してあるとよいものは、備手帳・取扱説明書・スペアキー・車から取り外した純正品等となっています。

 

また万が一、これらの書類を紛失していた場合には、それぞれ入手方法が違いますので、それについてもお話しておきましょう。まず自賠責保険証ですが、これは契約している保険会社で無料で発行してもらえます。但し、本人確認の出来る免許証の用意が必要です。次に車検証の場合ですが、これは登録した陸運極で発行してもらえます。費用として申請書類代と手数料が必要になります。納税証明書については、管轄の都道府県の税事務所で無料で発行してもらえます。

 

その他、車の売却の際に名義変更をする場合には、業者に依頼する場合と自分で行う場合とでは少し違います。業者に依頼する場合は、旧所有者の実印のある譲渡証明書・発行日から3ヶ月以内の新旧所有者の印鑑証明書・新旧所有者の実印のある委任状・車検証・発行日から1ヵ月以内の新使用者の車庫証明書が必要です。自分で行う場合は、業者に依頼する書類に加えて、手数料納付書・自動車税と自動車所得税の申告書・申請書が必要になります。ナンバー代・申請書用紙代・名義変更代行料等が必要な場合等、その他細かい規定もありますが、関連サイトで確認してください。